ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

三角スケール

2018/04/30

三角スケールというのをご存じですか? 仕事で図面を見る機会のある方にとっては馴染みのある 定規の一種です。 サンカクスケールを略してサンスケと呼ばれています。 定規の断面が三角形に近い形をしていて 6種類の縮尺に対応して […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

建築にも流行

2018/04/22

建築にも流行のようなものがあります。 たとえば窓に使われているアルミサッシです。 それまでは木製が主流でしたが昭和40年には 住宅用アルミサッシの普及が始まりました。 最初はアルミそのものの色、シルバー系のみでした。 そ […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

建築計画を始める前に現地の状況調査と その地域に関わる法令等を調べる役所での調査が重要となります。 ということで某市役所に行ってきました。 建築専門の窓口は大変混雑しており活気を感じました。 その他、道路や排水管の状況等 […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

トップライト、採光や通風のために屋根に設置される窓のことですね。 このトップライト、採光の点からはとても効率が良いのですが 屋根に設置しますので雨漏りを起こさないよう細心の注意が必要です。 そしてもう一つ大切なこと。 設 […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

先日、建築士定期講習を受講してきました。 建築士として仕事をする人は3年に1度受講しなければなりません。 朝9時から昼休みをはさんで夕方5時半まで結構ハードな内容です。 最新の法律や改正された法律、時代の要求に応じた新た […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

設計業務は「基本設計」と「実施設計」に分けられます。 基本設計とは施主とプラン打ち合わせをしている段階の設計です。 間取り、広さ、外観デザイン等が明確になった段階で基本設計完了となります。 建物の本質を決定する設計になり […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

建築と風

2017/12/23

建築と風の関わりは大きく分けて二つになります。 一つは風に耐えること。 そしてもう一つは風を取り入れることです。 建物にとってというか私たちにとって換気は大変重要なもので、 建築基準法でも換気の為に必要な開口部の面積が定 […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

木の床

2017/12/08

建てたばかりの家は新しくてきれいです。 しかし月日がたてば徐々に変化していきます。 生活していれば設備等は劣化しますし 注意していてもいろいろな所に傷が付きます。 特に床は傷付きやすい部分です。 最近は表面が特殊コーティ […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

和室の必要性

2017/11/30

一戸建住宅において1階に和室を設けることが多々あります。 建売住宅の場合、多くのの物件に1階和室があります。 注文住宅としてプランから家造りを開始される場合 本当に和室が必要かどうか再検討してみてもいいかもしれません。 […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  

「働く空間の気積を従業員一人について10立方メートル以上 としなければならない」というルールが労働関連の法律で決まって います。 気積というのはその部屋の「床面積×高さ」で表されます。 つまり部屋の空間量(容積)のことで […]

カテゴリー: 建築担当者のひとり言  タグ:
アーカイブ
2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28