建築よもやま話(建築用語・動物編)

今回は建築用語のお話です。

建築用語は非常にたくさんあり、私も新人の頃は
現場に行っても分からない言葉だらけでとても苦労しました。
今でも恥ずかしながら分らない言葉が結構あります。
今回はそのたくさんある建築用語の中から
建築現場に登場する動物達をご紹介したいと思います。

「猫(ねこ)」:一輪車の事で「猫車」(ねこぐるま)とも呼ばれます。
「犬走り(いぬばしり)」:建物の周囲や軒下に沿って
コンクリートや 砂利などで固めて作る細長い土間のこと。
「馬(うま)」:4本足をつけた架台、作業台のこと。
「トラ」:トランシットという測量機械のこと。
「トラロープ」:黒、黄の縞模様のロープのこと。
「たこ」:人力で小さな杭を打ったり地面を付き固める道具のこと。
「とんぼ」:基礎工事で地面を掘るときに使うT型に加工した板の他、
とんぼは他の意味も何種類かあります。
「蟻継(ありつぎ)」:木材を継ぎ足すための加工方法の一種です。
「あんこう」:軒樋の雨水を集める為の枡で横樋と縦樋の接合部分にあります。
「でんでん」:縦樋を壁に留めるための輪形の掴み金物のこと。
「鳩小屋(はとごや)」:ビル屋上に、
設備配管の雨仕舞いをよくするために 造る小屋のこと。
といった具合です。

どうですか。おもしろいでしょう。
なかには最近はあまり使われなくなった言葉もありますが
ほとんどが現役言葉です。
次回は食べ物をご紹介したいと思います。