ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

「ネットで現場見学」 習志野市実籾 新築一戸建て編 6

2012/08/04

習志野市実籾一戸建住宅新築工事の様子をお伝えしております。

立ち上がり部分のコンクリートを打ちます。

img_5797.jpg

型枠の設置では、多数の糸を張り、枠を正確に設置します。

img_5806.jpg  img_5807.jpg

右の写真に写っている棒状の機械で振動を与えてあげることで、空気の塊が抜け、コンクリートの密度が高まります。

img_5808.jpg

打設後は、天端をならし、水が引くまでしばらく待ちます。夏場は水引も早いです。

img_5810.jpg  img_5814.jpg

水引後、天端レベラーという材料を流します。天端レベラーは、液体が、水平になろうとする特性を利用した材料で、基礎天端の高さを平滑に仕上げるための材料です。


カテゴリー: 最新トピックス, 未分類, 現場見学  
アーカイブ
2021年1月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28