ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

美術館

2012/08/19

夏季休暇中、旅先で美術館に行きました。

受付を済ませて常設展示スペースに行くために一旦屋外に出ます。

そして特別展示スペースに行くためにまた外に出ます。

真夏は暑い思いをし、冬は寒い思いをします。

一見、不合理にも思えますが建築的には時々採用される手法です。

大分昔、芸術家個人の美術館の設計をしたことがあるのですが

その時もこの手法を採用しました。

一旦屋外に出てリセットして次の部屋へ入ることにより

フレッシュな気持ちで次の空間を味わうことができます。

住宅にはそぐわない手法ですが著名な建築家、安藤忠雄氏の

初期の代表作に「住吉の長屋」というのがあります。

ちなみに、その家は雨の日にトイレに行くのに傘をさします。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス, 未分類  
アーカイブ
2021年1月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28