ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

小屋裏収納

2013/02/09

小屋裏収納とは天井裏の屋根下空間等を利用して作る

収納スペースです。

ある一定の基準で設ければ階数や面積に算入しなくても

よいことになっています。

2階建ての建物で1階のほうが広いため1階用の屋根がある場合は

その部分も適用されます。

面積や階数に含むか含まないかは一定のルールがあるのですが

法律によってその内容が異なります。

細かなルールはいろいろあるのですが天井高さに関していえば

建築基準法では1.4m以下でなければなりません。

ところが不動産登記法では1.5m未満でOKです。

建築確認申請では3階建てですが不動産登記するときは

2階建てとなる場合があり得るということです。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス, 未分類  
アーカイブ
2019年10月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28