ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

建築と風

2013/09/14

台風が近づいています。強い風と大量の雨をもたらすのが台風です。

この雨のおかげで日本は緑と水の豊かな国となっていますので

感謝しなければならない部分もあります。

しかしながら極端に多いと災害をもたらしますので「ほどほどに」と

言いたいところですが・・・。

さてこの雨と風、建物に与える影響にも多大なものがあります。

建築物は外から加わる力に対抗しなければなりません。

外から加わる力で大きなものは地震と風ですので

「地震力」、「風圧力」に対して構造の検討がなされます。

先日、大きな竜巻が発生しました。

最近はいたるところにカメラがありますので以前では見られなかった

映像を見る機会も増え、竜巻の威力を垣間見ることができました。

地震に注目が集まりがちですが風の力も非常に大きいということが

映像により実感できます。

以前もお話ししましたが、建物はプランと外観によっては

地震力より風圧力のほうが検討する数値が大きくなるケースがあります。

日本は地震と台風という大きな自然現象が頻発する国です。

大きな災害があるとその都度ルールが見直され建物は頑丈になってきました。

自然に勝ることは不可能ですが極力被害を小さくする努力は

今後も重ねていくことが大切です。

kim

不動産講座ブログ
http://www.e-souei.co.jp/knowledge_blog/
スタッフヤン坊ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/soueistuff_3122/MYBLOG/yblog.html
社長ブログ 今日のひとり言
http://blog.goo.ne.jp/narashino_mimomi_souei
スタッフブログ 小さな井戸端会議
http://blog.goo.ne.jp/souei-blog/


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス, 未分類  
アーカイブ
2021年12月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜17:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28