ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

今日も雪

2014/02/11

先日の大雪も一段落と思っていたのですが

今朝カーテンを開けると・・・。えっ、雪?!。

皆さんも同じ感覚だったのではないでしょうか。

さてこの雪ですが当然ながら建築に影響を及ぼします。

冷たさも大きな特徴ですが最も大きな影響はその重さです。

千葉県のような温かく雪の少ない地域では

雪の重さを実感することはあまり多くはありません。

しかし豪雪地域では大きな要因になります。

屋根の上に積もった雪の重さは建物にとってかなりの負担となります。

1㎡に雪が1cm積もった場合の重さは約3kgとなりますので

10cm積もると30kgですから子供1人分くらいの重さになります。

新潟などのように1mも積もった場合は300kgにも達します。

積雪荷重と呼ばれ構造計算においてきちんと考慮されます。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス, 未分類  
アーカイブ
2023年2月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜17:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28