ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

親水

2015/07/12

昨日、今日ととても気温が高くなっています。

いよいよ夏本番が近づいてきました。

こうなると水辺が恋しくなります。

水辺で水に触れることで水辺に対する親しみを深めることを

親水(しんすい)と言います。

これまでは水を抑えるための「治水」が重要課題でしたが

近年、環境問題がクローズアップされ、

治水のほかに親水が重視されるようになりました。

無機質なコンクリート護岸を治水の機能を持ったまま

自然の形に近い状態に戻していこうという要望が高まっています。

日本各地に水に親しむ目的で「親水公園」が造られています。

習志野市には「親水公園」というものはありませんが

「親水護岸」というのがあります。

場所は芝園、海浜霊園の隣の海浜公園から海沿いを

千葉市側に行った所です。

私も行ったことがあります。

特に何かがあるわけではありませんが

やはり海を見ているだけで安らぎます。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス, 未分類  
アーカイブ
2019年7月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28