ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

確認の特例

2016/03/20

建物の確認申請時に特例というものがあります。

これは特定の条件下で建築確認の審査を一部省略する規定です。

特定の条件とは申請建物が別途に認可を受けている

特殊工法(鉄骨系ハウスメーカーの工法等)や

建築士が設計した比較的小規模な木造住宅(木造2階建の住宅等)が

これにあたります。

審査が省略された部分については、建築士と建築主の責任において

法的適合性を確保することが求められることになります。

建築士はその信頼を損なうことのないよう

責任感を持って設計に臨むことになります。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス, 未分類  
アーカイブ
2020年4月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28