ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

木の床

2017/12/08

建てたばかりの家は新しくてきれいです。

しかし月日がたてば徐々に変化していきます。

生活していれば設備等は劣化しますし

注意していてもいろいろな所に傷が付きます。

特に床は傷付きやすい部分です。

最近は表面が特殊コーティングされ

傷に強くなっているフローリングもありますが

それでも延々と無傷という訳にはいきません。

そもそも木材というのは傷付きやすい素材です。

コンクリートや鉄と異なり

適度な柔らかさと温もりを持っているところが木の長所です。

それゆえどうしても傷が付いてしまいますが

それもまた木の風合いと受け止めつつ

木の温もりを感じながら生活していけると良いですね。

観光地の古い建物や商業施設、はたまた体育館などで

目にすることのあるピカピカの床板。

傷だらけだったりしますが手入れの行き届いた床は

とても温かみがあり柔らかな雰囲気をかもし出しています。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  
アーカイブ
2022年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜17:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28