ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

基本設計と実施設計

2018/01/07

設計業務は「基本設計」と「実施設計」に分けられます。

基本設計とは施主とプラン打ち合わせをしている段階の設計です。

間取り、広さ、外観デザイン等が明確になった段階で基本設計完了となります。

建物の本質を決定する設計になりますのどとても重要なものです。

実施設計とはその基本設計を基に実際に現場で建築工事を行うための設計で

基本設計図より細かい図面となります。

専門的な図面も多く施主の目に触れないものもあります。

住宅の場合は同じ会社が行うことが殆どですが公共建築等の大きな建築物では

基本設計をA社が行い実施設計をB社が行うといった具合に

そえぞれの設計会社が異なる場合もあります。

基本設計と実施設計は主旨こそ違えどどちらも建築工事のベースとなる事項です。

じっくり検討を行うことが大切です。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス  
アーカイブ
2020年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28