ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

高低差

2012/01/23

道路と高低差のある敷地を見てきました。

建築のご相談を頂いたお客様の購入候補地です。

前面道路も坂道となっていました。

道路との高低差は小さいところで30cmほど、

大きいところで2mほどありました。

高低差が大きい場合は擁壁(ようへき)というもので

高い方の土が崩れないようにします。

何十年も昔に造られた擁壁は要注意ですが

本日見た擁壁は比較的新しいもののようでしたので

特に不安は感じませんでした。

ただし実際に建築する際には安全の裏付けは必要です。

kim


カテゴリー: 建築担当者のひとり言, 最新トピックス, 未分類  
アーカイブ
2022年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜17:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28