ブログ 一級建築士Kimのひとりごと

「ネットで現場見学」91 千葉市花見川区長作町 新築一戸建て編

2012/01/29

長作A-2号棟新築工事の様子をお伝えしております。

基礎工事が完了し、木工事に入ります。木工事は、建て方(たてかた)と呼ばれる構造体を形成する工事と、造作(ぞうさく)と呼ばれる化粧や仕上げを行う工事に分かれます。

建て方では、、まず、基礎パッキンを設置して、その上に土台を敷き、基礎から出ているアンカーボルトで固定します。

img_3026.jpg  img_3025.jpg  img_3027.jpg  img_3028.jpg

 左の写真が、基礎パッキンです。基礎パッキンを使用することで、床下換気量が従来の風窓工法に比べ、1.5倍程度増大するといわれています。床下の環境が良好になります。

左から2番目の写真は基礎パッキンの調整版と呼ばれるもので、1ミリ単位でパッキンの高さを調整することができます。

3番目の写真は、前回基礎検査で調査した高さを基に、調整版をセットした状態です。

土台に使用されるLVLという材料は一般的なムク製材に比べて約1.5倍の強度有しています。


カテゴリー: 最新トピックス, 未分類, 現場見学  
アーカイブ
2022年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
タグ
気積

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜17:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28