社長ブログ 今日のひとりごと

プラド美術館展

2018/02/28

久しぶりに上野の西洋美術館に絵を観に行きました。
内容は最近電車の中吊り広告でよく目にしていた
プラド美術館展です。

絵に詳しいわけではありませんが、
観るのは好きで時々鑑賞しています。

観た時にどんな感覚を持つか
自分の感性を分析するのが好きなので、
できる限り先入観を捨てています。

今回最も印象に残ったのが
ディエゴ・ベラスケスという画家の描いた
「マルス」という絵です。(下の新聞の真ん中右の裸の絵)

この絵をある一定の距離で観ると
何ともリアルで動き出しそうな感じが
ありました。
しかし近くで見ると背景と主人公の境界の
線がぼやけた感じになっています。
なぜこんなにリアルに感じるのか不思議です。

絵というのは観る距離で全く違うということを
あらためて実感した心に残る作品でした。

こんな気持ちが得られるところが
美術館に行く醍醐味です。
もっといろいろ鑑賞してみたいと思います。

感謝。

私の旧ブログ「習志野市実籾(みもみ)発 今日のひとり言」はこちら


カテゴリー: 芸術鑑賞  タグ:
2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Contact us!お気軽にお問い合わせください

047-479-3122

[電話受付]9:00〜18:00 [定休日]火・水曜日(第1火曜は営業)
〒275-0002 千葉県習志野市実籾5-9-28